読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AtreShibutaniの日記

デザイン会社アトリエ渋谷のブログです。「渋谷」だけど神保町で頑張ってます!

うどんが好き

  相変わらず、暑くなったり寒くなったりめまぐるしいですね。

沖縄周辺では、本日梅雨入りしたとか。

この気候の上に雨まで降るとなると、いささかまいっちゃいますが、さわやかな夏(暑いけど)を待ちたいと思います。

 

 

 最近、お昼休みはうどんとそばとラーメンばかり食べている気がします。

特に、靖国通り沿いの「はなまるうどん」にはよく行きます。

神保町はランチ激戦区ですし、おいしいうどん屋さんも多いらしいのですが、新規開拓が苦手なクチなので、気がつけばいつも行っているチェーン店にいる私。

 

 はなまるうどんでコシの強い讃岐うどんを食みながらいつも思うのは、「九州のうどんが食べたいなあ」と言う事です。

 

 讃岐うどん稲庭うどんのようなブランドにこそなっていませんが、九州北部特に福岡近辺は「麺類と言えばうどん」という文化圏です。

 「福岡だったら、博多ラーメンじゃないの?」と言われそうですが、日常的に食べているのはうどんの方。

福岡出身のタモリも、博多華丸大吉も、テレビで同じ事をいっていました。

 

  そして、九州のうどんの麺はちょっと独特です。

どこが独特かと言うと、非常に柔らかい。

どれくらい柔らかいかと言うと、コシの強いうどんを食べなれている人には「この麺、のびているんじゃないか?」と思われるレベルです。

 

 ラーメンの麺は、「ばりかた」だの「粉落とし」だのと硬めにこだわっている九州人が、うどんとなるとふにゃふにゃ好みなのは、私も不思議だと思います。

 

 でも、あのふにゃふにゃがいいんですよ。

なんというか、優しいのです。

故郷がちょっと恋しくなった時、センチメンタルに思い出すにはうってつけの優しさ。

仕事中なら、しこしこの讃岐うどんを食べてシャキッとするべきなんだろうけれど。

 

 ちなみに、九州うどんの優しさを東京で味わいたい方には、「五木食品」という会社のインスタント麺がおすすめです。

熊本の企業なので、支援にもなりますし。

 

 

 

 なお、東京風のうどんにたいするコメントは控えさせていただきます。